瞑想
3発目。

最近めっきり暖かい。
けれどもここ数日風邪で寝込みやっと昨日から出勤できた。
インフルエンザ、流行ってるそうなので皆さん気をつけて下さい。
一昨年初めて(しかも今までの家系でも初めて)かかってしんどい思いをしたので、、、

さて。
友人が10日間お寺に行って坐禅を組んで瞑想をするという講習(?)に行って来た話を聞き、
感動したのでその話を。

どうやらとても良いらいい。
自分も今年是非行きたいと思ってしまった。
内容は10日間ずっと坐禅を組んで瞑想をするんだけど、
そのコンセプトが、

自分を客観的に、体感的に見る。

というものらしく。
その10日間他人とのコミュニケーションを断ち、目を合わせてもいけない。
他人とのコミュニケーショを断つことで自分と向きあう、というのがおそらくその目的の要約だ。

ちょっと聞いただけではなにやら自己啓発的な怪しい香りがプンプンするんだけど、
話を聞く限り信用できる体験をしてきたことがわかる。
というのも僕の実体験、というか自分の論理の中で理解できたのでそう思ったんだけどね。

人が五感の中の一つを絶った時に、その他の感覚が鋭くなるのは体感的に理解できると思う。例えば、夜電気を消して寝る時に今まで気にならなかった音が耳に届いたり、部屋が暗い中恋人と肌を重ねているときに肌と肌の境界がなくなり溶け合っている感覚になったり。

それをその瞑想に置き換えると、人とのコミュニケーションを断つことで限りある脳のリソースを全て自分の感覚へと向けられる、ということになる。
言うのは簡単だけど、なかなか現代の暮らしをしていく中では雑音が多すぎて実行するのは難しい。
強制的に人との会話もなく、思考すらしてはいけない非日常的な生活を10日間。

10日間、心を無にすると聞いても僕の乏しい想像力では全くどういう物なのか解らない。

そこに来る人達は素人が大半なので1日目2日目は足がしびれたり体が精神を支配している感覚が抜けないらしい。

数日経つと(本当はダメらしいんだけど)今まで一度も思い出したことのないような事がリアルに再体験できるらしい。例えばとても小さい頃に遊んだ遊びや、小学校の授業中の風景や。
段々精神と体の感覚が切り離され、純粋に思考だけに集中する結果なんだと思う。
そこから更に日を追うと、体験したことではなく考えたことが本当に今実際に体験しているような感覚になっていくらしい。

最終目的(?)は、自分の体の変化、例えばちょっと肝臓がおかしいとかを体の感覚で気づき病気の早期発見できたりすることらしい。自分の感情の変化を体の心拍数や顔の紅潮で気づき、抑える事が出来る。

日々生活していると、自分が習慣の奴隷になっているなぁと言う瞬間が多々ある。
こうしたほうがいい、と言うのは解っているんだけどなんとも面倒で実行できなかったり。

おそらく体は、人格や遺伝子のの乗り物-ロボットでしか無い筈だから、上下関係が逆転してしまっているのが今の自分(多分一般的に多いと思われる)なんだと思う。

と言うようなことをいつも考えていたのでこの友人の話はとても興味深く、正に自分がほしいと思っていた情報だった。

今年のやりたい事ひとつ。
10日間、休めるだろうか。
[PR]
# by shottazy | 2011-01-22 01:40 | 小ネタ
貴重な出会い
a0083128_23123153.jpg
新年二発目!
すでに息切れ。

宮城での帰省中の話。
家業の民宿を継いだ友人に案内され、coffee ippoへ。
山の中にあるコーヒー屋さん。

有名店バッハ系列で修行し、去年お店をオープンされたとのこと。
僕の地元は田んぼと山しか無いど田舎なんだけど、
ここのお店は暖炉があったりそばに川が流れていたり、いい意味の田舎らしさの空間の中、
珈琲を入れる立ち振る舞いのなんと見事なこと。一つ一つの動作に思わず見とれてしまう。
珈琲も勿論美味。

わざわざ遠くから来る人もいるみたいですよ。
地元にこういうお店が増えると帰省が楽しみになりますね。

a0083128_2335455.jpg
a0083128_2336283.jpg
コマで遊びつつ、、、


a0083128_23364490.jpg
次の日、また珈琲屋へ。
今度は海。

またその友人に連れられて志津川町にある珈琲神社-通称cafe Gへ。
志津川湾を一望するこれまた良い立地。

車内、ここのマスターはちょっと変わった独特の人なんだよと聞いていたんだけど、まさに。
独特のテンポでしゃべる人で、話を聞いているとその空気に引き込まれていく。

トイレに入ったら映画館のチケットの半券が沢山貼ってあった。
結構マニアックな映画見てるなぁ、結構趣味合うなぁと思ってたら見つけた一枚の半券。

「いのちの食べ方」
イメージシアターフォーラム

えっ、渋谷?と思って聞いてみたらわざわざこれをみるために渋谷に行ったらしい。
すごすぎ。多分40代か50代?のマスターだけどフットワーク軽すぎ。

僕もそこで見たんですよ、と話すとそこから映画談義。
本もたくさん読んでいて、トレンドの話にもついてくる。
田舎に帰ったときにこんなに博学で色んなことに興味を持っていて
こんなに話の合う人は初めてだ。しかもずっと地元にいてこの情報量。

こういう話の面白い人って入ってきた情報をしっかりと自分の頭で考えて咀嚼し、
消化していくから話を聞いている人をこんなに深く引きこむことが出来るんだろうなぁ。
聞いた話、見た話だけの人はとても退屈だもんね。
そんなら新聞とか雑誌読んでたほうが楽しい。
(って何か自分で言ってて耳が痛いけど)

新年早々良い出会い。
僕に素晴らしい出会いを運んできてくれるのは、いつも周りの友人達。

感謝。
[PR]
# by shottazy | 2011-01-08 00:23 | 小ネタ
あけましておめでとうございます。
a0083128_059692.jpg
新年一発目。
今年こそ、今年こそは沢山更新する!

12/31は17時くらいまで事務所で仕事をし、新幹線に飛び乗ってイザ宮城の実家へ。
年末年始は毎年実家に帰っています。

年越しは毎年愉快な仲間たち(中学校や小学校や、幼稚園からの同級生たち)と
近くの寺へ除夜の鐘を突きに行く。
高校1年から毎年やっているので実に13年目の歴史ある行事となってしまった。

もうみんないい大人だしもうそろそろいいかなぁとか、みんな少し思ってるんだけど
こういう、年の区切りを普段会えない友人たちと一緒に過ごし、酒を飲み、ただダベる
この時間は、1年の中でもしかしたら一番大切な時間かもなぁと思った。
なぜかというと。

東京での暮らしは、情報が溢れ日々新しい刺激が沢山ありとてもエキサイティングで。
時間と時間、空間と空間の間もあまり無く、とても効率が良く暮らしやすい。
本だって当日届くもんだから、頼みすぎて読みかけの本が枕元に積みっぱなしだ。
最近はまっているiphoneの英語ソフトだって、買いすぎてどれもあまり進んでないし。

僕は中学校卒業した時に家をでたから、もう人生の半分位実家を離れて暮らしている。
僕の部屋には僕のものは殆ど無く、いつもは多分物置として使っているんだと思う。

年末のその13年目のイベントは、僕にとっては映画のエンドロールのようなもので。
今年あったとりとめもない出来事を、頭の中に浮かんだ順番にみんなに話し、
また、話を聞きみんなの体験や考えていることを共有し、
1年間にあった出来事を反芻することで、やっと自分の頭が整理されていく。
本だってそうでしょう。読んだそのあとが大事。

頭が整理されると、自然と今年何をするかの話題に移り、ずーっとダベる。
家にいれば、何もない部屋でぼーっと考える。
今年も楽しそうです。

14年目も、あるでしょうね~。
長くなったので、今日はこれくらいで。

それでは皆さん、今年もよろしくお願いします。
[PR]
# by shottazy | 2011-01-06 01:05 | 小ネタ


profile
佐々木祥太/sasaki shota
ユーグ主宰
twitter
カテゴリ
全体
物件-Y邸
物件-間仕切り
物件-池ノ上CAFE
物件-WPJ
物件-鎌倉VOWHAUS
物件-大宮行燈ビル
物件-流山珈琲
物件-石川町サロン
物件-高円寺WindooowS
物件-hanjiro大宮店
物件-都立大はしご美容室
物件-その他
小ネタ
カレー
たべもの
バイク
ライブ
展示会
映画
音楽
建物
未分類
以前の記事
2011年 12月
2011年 10月
2011年 03月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧